京都そして神戸

京都オープリー2018

京都テルサホール

 

京都は日本のカントリーミュージック誕生の町なんだそうです。
そんな場所で年に一度開催されるカントリーミュージックの祭典、京都オープリーに出演させて頂きました。
会場はテルサホール。
いつも演奏させてもらっている屋外や喫茶店とは全く違ったフォーマルなところでした。

 

テルサホールのエントランス

京都オープリー2018会場

 

ホールに入るとこんな感じでした。
広いエントランスがあって、少し進むと受付けです。
舞台の客席出入口付近では、アメリカンなグッズ売り場がありました。
帽子、シャツ、ベルトなどなどたくさん並んでいます。
ブルーグラッサーにはたまりませんなあ。
かっこいいバンダナを入手しましたよ。

 

ウエスタングッズ売り場

 

 

 

 

こちらは出演者控室の様子です。
オープニングジャムで弾く曲を練習・・・するかと思いきや、だんだん脱線し最後は皆でジャムになっちゃいました。
あるあるですね。
控室には他のバンドの方もたくさんいらっしゃいました。
どこもこんな感じ(笑)?

 

マンドリンジャムをする祖父と孫

 

 

 

 

KSKの出番はお昼過ぎ。
楽器を持っていざ舞台袖へ!
これから本番だというのに、お菓子をほおばるまりちゃん。
食べ物を与えられると断れない体質なんだそうで、今食べてる物も通りすがりのおっちゃんに貰ったお菓子です。
ちなみに辛いものが大好きです。

 

クッキーを食べる女性バンジョーピッカー

 

この日はホールでやるからと、全員衣装をそろえました。
(若干1名は前日ユニクロで買いました・・・)
皆様、足下にご注目ください。

 

バンドでおそろいの衣装です

おそろいのサドルシューズ

はい、サドルシューズです。
憧れのバンドがサドルシューズを履いていて、なんならうちもやったろーで!という事で皆おそろいです。
最初はほんまに買うんかいな、と思っていましたが履いてみると意外と良い。
これからお世話になりそうです。

 

 

 

 

 

 

ブルーグラスバンドKSKのステージ

 

さて、そんなこんなでKSKのステージが始まりました!
セットリストは、4曲。
In Despair
Angel Band
Have Mercy on My Soul
Polka On A Banjoです。

 

京都オープリーKSKステージ1

 

京都オープリーKSKステージ2

 

 

はじめてのホールは緊張しました。
客席は真っ暗でスポットライトは眩しくて、でも周りからはメンバーの頼もしい音色が聴こえます。

 

 

MCはよっちゃんが頑張ってくれました。
前日からの入念な仕込みが報われ、まあまあ受けたんじゃいかと思います。
ウデあげましたな~

 

京都そして神戸ベースのよっちゃん

 

 

 

うちのバンドはエンタメ系と銘打ってるだけあって、お笑いに走る傾向があります。
京都でこんなのやって大丈夫かな?と不安がありましたが、無事受け入れられたようでよかったです。
やってよかった!

オープリー実行委員の皆様、出演者の皆様、会場まで足を運んでくださったみすべてのお客様、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう!

 

京都オープリーインタビュー

ライブ情報