京都そして神戸

宝塚ブルーグラスフェス2019!

今朝はとても涼しい風が吹いていて、もう夏が終わるんだなぁとしみじみしました。
少し前まであんなに暑かったのに、季節のかわりめはもの悲しい気分です。

 

 

夏といえば・・・そう、宝塚ブルーグラスフェス。
ずいぶん前のような気がしますね。まあ本当にずいぶん前なんですけど。
いつの間にやら3週間もたっていて、ブログを書かねばと焦った次第です。

 

 

 

 

ジャム、ビール、バーベキュー、たのしいひととき。

 

 

 

 

 

 

あっちでジャム、こっちでもジャム

 

 

 

全国から、濃~い人たちが勢ぞろい。

 

 

 

 

KSKは今年も良い時間に出番がもらえました。
夜の9時、観客席は人と昆虫で満席。
カブトムシが2匹乱入するなか、Get Up JohnとHead over heelsを熱演!
大成功だったのではないでしょうか。

 

 

さて、個人的な都合ですがGet Up Johnはしばらく演奏しません。
初演奏から約半年、マンドリンの変則チューニングという変態じみた演奏で「びっくりした」といろんな人から罵声をあびせられてきたわけですが、一言でいうと飽きました。

 

それなりに安定したバンドサウンドに仕上がったんですが、それがつまらないと思うようになりました。
私は何がおこるかわからない爆弾のようなブルーグラスが大好きです。
でも回数を重ねるうちに、脳が勝手に「ここはこう弾けばいい」と安全牌ばかり選んでしまいます。

 

「つまらんことしてんじゃねえ」ともう一人の私が言いました。
「らしくねぇな」とも言いました。

 

今の演奏を忘れるまで、一旦寝かします。
そして次に披露する時には核爆弾のようなGet Up Johnをやってやるので、どうぞお楽しみに。

 

 

なにやらGet Up Johnのポエムみたいになってきたので、このへんでやめときます。

 

 

 

 

宝塚フェスは来年で49回。
再来年には50回を迎えます。

 

プレイヤーの高齢化のため、このフェスもいつまで続くかわかりません。
もし「ブルーグラス、興味あるんだけどな~、ほじほじ」と思ってる方がいるのなら、とりあえず何かのイベントに足を運んでみてください。

きっと新しいトビラが開けますよ。
そしてそのトビラは数年後、ご臨終するかもしれないのです。

 

やりたいのなら、今、飛び込んでみてください。
私たちはいつでも待っています。

ライブ情報